ヴィーソルトのご紹介

時間とコストのバランス
純水装置を使わずに、水道水で純水に近づく「みず素材」を作るマスキング剤を採用。
「より自然に」をテーマに進化させた人工海水です。
viesaltのご使用により無脊椎動物や微生物、そしてカッ虫藻などの藻類がより活性化されます。


最近、海水生物飼育の傾向はますます自然志向になりつつあります。
これは無脊椎生物の飼育に際し、飼育水を天然海水の組成に近づける傾向にも現れています。
そのため、人工海水に使用する「みず素材」についても水道水そのものから純水装置を使い、水道水中の不用な成分を排除するようになってきました。
これは、銅,亜鉛,ケイ素,窒素,リンなど、天然海水中には極微量にしか含まれないものや、給餌等により過度に蓄積するものを排除しようとすることです。しかし、純水装置によって純水を得るためには「コスト」と「時間」がかかります。
またこれらの装置を使用していないキーパーも数多くいらっしゃいます。
そこで、純水を用いた人工海水に対応しながら、水道水の使用が可能な「viesalt」/ヴィーソルトを新たに開発しました。


■水道水を使用しても(純水を使用しなくても)純水使用時に近づくようにするため、重金属を隠蔽(中和)するマスキング剤を開発しました。これにより水道水に含まれる銅,亜鉛等の悪影響が軽減され、純水使用時に近づきます。
(ただし、水道水中のケイ素,リンなどはマスキングできません)

■銅,亜鉛、リン等の重金属をSEALIFEよりもさらに減少させました。

■緩衝性は水道水由来の緩衝性がないものとして、増加させました。

■微量元素についても一部増減し、天然海水に近づくように設定しました。

 

注:藻類の光合成が活性化されるためSEALIFEよりも、多少苔の発生が増加する傾向にあります。

購入はこちら